読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいまいワークス

主にiPhoneアプリの開発で考えた事、調べた事、感じた事などを記していきます。

アラートにテキストフィールドを追加する

ちょっとしたテキスト情報の入力とか、ID/Passの入力などわざわざviewをつくるよりアラートでできた方が便利ですね。
今回はそのやり方。

f:id:cccookie:20140415104555p:plain

    UIAlertView* alert = [UIAlertView new];
    alert.title = @"タイトル";
    alert.message = @"メッセージ";
    alert.delegate = self;  //<UIAlertViewDelegate>を設定する事
    [alert addButtonWithTitle:@"cancel"];
    [alert addButtonWithTitle:@"OK"];
    alert.alertViewStyle = UIAlertViewStyleDefault;
    
    [alert textFieldAtIndex:0].placeholder = @"プレースホルダー";
    [alert textFieldAtIndex:0].clearButtonMode = UITextFieldViewModeWhileEditing;
    [alert show];

alertViewStyleプロパティには以下の3つが設定できます。

  • UIAlertViewStylePlainTextInput
  • UIAlertViewStyleLoginAndPasswordInput
  • UIAlertViewStyleSecureTextInput

UIAlertViewStyleDefaultにすると普通のアラートが出てきます。(デフォルト)

それぞれのテキストフィールドの設定を行う場合は
[alert textFieldAtIndex:0]
[alert textFieldAtIndex:1]
といった感じで指定します。
上記の例だと、placeholderとclearButtonModeの設定を行っています。

入力した情報の取得は以下の通り

-(void)alertView:(UIAlertView *)alertView clickedButtonAtIndex:(NSInteger)buttonIndex{
    
    if (buttonIndex==1) {
        NSLog(@"text=%@",[[alertView textFieldAtIndex:0] text]);
        NSLog(@"text=%@",[[alertView textFieldAtIndex:1] text]);
    }
}